AHOAHOFLYMAN

0341091.exblog.jp
ブログトップ

タグ:黒部川 ( 3 ) タグの人気記事


2016年 08月 21日

2016年 黒部川源流 上ノ廊下を征く者

2016年8月11日〜14日

3度目の正直でついに
黒四ダム〜黒部上ノ廊下〜赤木沢
を遡行することができた。


c0325822_22374688.jpg


c0325822_22374706.jpg


c0325822_22374884.jpg



c0325822_22374813.jpg


c0325822_22374979.jpg


c0325822_22375027.jpg



c0325822_22375161.jpg


c0325822_22375269.jpg


c0325822_22375222.jpg


c0325822_22375320.jpg


たった11枚しか載せることが出来ないこのブログの
写真などではあの感動は微塵も伝わらないと思う

原始から変わらないあの流れを遡行した
者にしかわからない領域の感動がある



黒部源流の山々をリスペクトし
ビンガへの憧れを抱く者は絶対に
行かなければならない4日間だった



本当に何もかもがうまくいっていた


水量も天気も
僕ら二人のモチベーションも




あの夢のような時間からもう1週間か‥

余韻というよりは放心状態に近い時間を過ごしたな



またここに必ず訪れることとなるだろう

その時までに統制のとれた4人のパーティーを作りたい



ガッツあるロッククライマーと

黒部の水で最高のスープを作る優秀なコックの
2名を探して仲間に入れてからね









[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2016-08-21 21:58 | 登山 | Comments(8)
2016年 08月 09日

2017 黒部上ノ廊下準備


今年こそ完全遡行を目指します

お盆休みに有給くっつけて最高なタイミングで
入渓予定です

今年のテーマは「明るい黒部を取り戻す」

去年の事故以来どうも僕たちの間で暗い雰囲気に
包まれてしまっていた上ノ廊下

しかしやっぱり黒部は最高に
楽しい場所であって、特別な場所であることをもう
一度取り戻したいと思っています。

もちろんそれ以上に怪我なくちゃんと元気に
帰ってくることが前提です。

このお盆は天候も水量もおそらくバッチリです。

では楽しんで参りたいと思いまーす!


c0325822_20285607.jpg


[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2016-08-09 20:09 | 冒険 | Comments(2)
2015年 08月 14日

2015 黒部上ノ廊下 その先にある死


黒部源流 上ノ廊下


沢登りをする者にとってここは憧れの場所ではなかろうか

そして僕らにとっては3年越しの夢の場所…



完全遡行を目指し上ノ廊下から薬師沢小屋への沢旅を
2015 8/11から開始した

今回のパートナーのヒラノさんとは何度も綿密に打ち合わせをしこの日を迎えたのは言うまでもない

お互いガイドビデオを繰り返し見てルートの注意点、攻略方、エスケープルートを
頭に叩き込んだ。


広河原手前までは2人で過去に遡行したことがあるんだ


あの時はタル沢のゴルジュも容易に突破出来る水量だった


今回の為に装備類も必要な物を揃えた


また、岩井谷等の簡単な沢で練習したり、昨年の秋頃からクライミングの講習会に何度も参加しロープワーク、マルチピッチのシステム、支点の構築方、懸垂下降の特訓に明け暮れ自信をつけていった


ここまで万全な準備をしても、我々サラリーマンは限られた休みの中でプランを組み立てなければいけない


天気次第で全ての計画が白紙になる


容易く有給を取れる優良企業に勤めていれば話は別だが、生憎スーパーが付く名古屋のブラック商社マンのため簡単ではない…


だが幸い予定していた日程の前半2日は晴天予報のようだ

2日あれば最悪でも登山道にエスケープ出来るエリアまで遡行出来る

日頃の行いがよいのだろう

条件は完璧に整った


僕らは別々に2台の車でまず立山アルペン村に集合する

その後、1台の車を亀谷のゲートにデポし残りの1台で意気揚々と扇沢へと向かった



まさかあんなことが起こるとは思いもせず…




c0325822_07480806.jpg
朝の扇沢

さすがお盆だけあって始発のトロリーバスは40分前でもこの行列だ

珍しく殆ど観光客のようだ

ツアーか何かの人達だと思う




c0325822_07553186.jpg

ダムへ到着



c0325822_07564504.jpg

装備が重く堰堤歩きが結構キツイ


しかしこれからもっと大変な遡行が待っている





c0325822_07580333.jpg

皆はこれを見に来る為にここへ来るので一応写真を撮った

正直僕らはあまりにもこのエリアに訪れすぎていて全くと言っていいほど
興味のない光景になりつつある




c0325822_08064684.jpg

エッチラホッチラ


軽快軽快




c0325822_08000679.jpg


しばらくして平の小屋へ到着

船長の佐伯さんは不意の転落で大怪我をされて療養中との事かなり痛々しい感じだったが元気にされておられ安心した


でも持っていたあのコップの中身はおそらく酒であったと思う



c0325822_08030692.jpg

ピンチバッターの小型船での渡しはスピーディでありがたい。

佐伯船長の船だとトローリング釣りしながらなのでノロノロだが今回はあっという間に対岸に到着した





c0325822_08052413.jpg

ヒーコラヒーコラ…ハシゴがキツイ




c0325822_08080452.jpg

奥黒部ヒュッテまでの時間短縮の為、途中でBWに降りて川沿いに遡行する



毎度このパターンで時間短縮していたが…

今回はとても遡行出来る流れではなくいきなりザイル渡渉を強いられ大幅に時間を食うことに(涙)

急がば回れとはこの事か…







c0325822_08113505.jpg

それでもあっけなく奥黒部ヒュッテに到着し早々に沢装備を準備する。

登山計画書を提出し大好きな小屋番のジイちゃんに今から上ノ廊下に
行くことを告げ出発


ジイちゃん「無理そうならすぐ引き返されよ」


このジイちゃんは本当に雰囲気があって大好きだ





c0325822_08140430.jpg

さあ行くぞー!


まず東谷から本流へ降りる





c0325822_08144342.jpg

すぐに東沢出合いに降り立つ
今日はどこまで行けるかな、出来れば口元のゴルジュを突破したいと
思っていたのだが…



c0325822_08162055.jpg

c0325822_08170033.jpg

c0325822_08175692.jpg

単独で渡渉出来る所はあまりないな、水量はそう多くはないと思っていたが…

多くの渡渉をスクラムで突破した


安全第一






c0325822_08200141.jpg

c0325822_08204850.jpg

c0325822_08212156.jpg

c0325822_08220432.jpg

c0325822_08223524.jpg

スクラムでも渡渉出来ない流れはザイルを出し泳ぎやザックピストンなどで突破した。

しかし以前口元のゴルジュを越え廊下沢出合いあたりまで行った時とはまるで水量が違うんだよなー


どうなる今回の上ノ廊下

結局ザイルを出したりしまったりで予想以上に時間を食ってしまった、トホホ…



c0325822_08252580.jpg

c0325822_08292038.jpg

そしてしばらくして下ノ黒ビンガが現れた

ビンガとは切り立った岩壁の意味で昔の富山の人が使っていた言葉らしい


しかし僕が一番見たいのは上ノ黒ビンガなんだよな

あの凄まく切り立った幾何学模様の岩壁を撮影する為に今回防水のコンデジを購入した


明日になればその夢が叶う

楽しみでしょうがないよ、あーホント

この日は天候も安定してるので下ノ黒ビンガの少し上あたりでビバークする事に



c0325822_08303966.jpg

c0325822_08310662.jpg

今回は酒類には妥協無し!

飲みたい物、食べたい物を持ってきて黒部の清流の横で2人で小宴会



至福のとき


c0325822_08323617.jpg

キャンドル制作が趣味な友人の嫁さんから頂いたキャンドルを今回持ってきた

中々雰囲気があって良いじゃない

しかしヒゲヅラで坊主頭の我々に花柄のキャンドルというのは面白い絵だ(笑)



c0325822_08354859.jpg

4時に起床し6時頃出発

この日は最初から難関が待ちわびている

そう口元ノタル沢出合い上のゴルジュだ

少し顔が緊張している



c0325822_08375166.jpg

このカーブを曲がればタル沢出合い、緊張



c0325822_08394216.jpg

c0325822_08402060.jpg

空気が冷たい、と思ったら左岸に大きな雪渓が残っていた


上ノ廊下は時折厳しい表情を僕らに見せる




c0325822_08421279.jpg

c0325822_08390417.jpg

タル沢出合いに着いた

そしてこの上に核心のゴルジュがある


ここは泳ぎで突破する




核心部は緊張するなー


c0325822_08431265.jpg


まず右岸の岸に取り付き荷物をいったん置く

その後ザイルとライフジャケットをセットし左岸に向かって泳ぎヘツリながら

このゴルジュを突破する作戦だ




まず僕が右岸の岸に取り付こうとした時だった


事件が起きたのは…







あれ

なんで?


ハーネス

カラビナ

渓流シューズ?

なんでここに装備が落ちてるんだろう?



あっザックもある


えっ人がいるの?



渡船で渡ったパーティは僕らよりも後ろにいるはずだが


あれ…

あっ…

おかしな角度で曲がった足だなんだ…コレ…








クッソなんでだ!!


なんでなんだよぉ!畜生!



うしろを振り向きヒラノさんを見る


まだこの取り付きで何が起きているか気づいていなくキョトンと僕を見つめる



この横たわった人はどう考えても見たところ絶命されている



僕はこれ以上顔を見れない


ヒラノさんに状況を説明し確認してもらうことに


ヒラノさんは声をかけるがなんの応答もない


これはお互いもう正気の沙汰じゃないよな



さあどうしよう


ヒラノさんは僕達はまた来れるよ、残念だけどヒュッテに戻り連絡しようと言う


僕はダダをこねる子供のようにこのまま進むという


残念だけどここまで進んできた以上引き返すことは考えたくない
明後日に上ノ廊下を突破し薬師沢小屋で赤塚さんに報告すればいいと説得する


ヒラノさんは増水して流されたら遺体の回収が困難になる、それじゃ家族が悲しむ!
ヒュッテに戻って報告すべきだと言う


僕は話を聞かずザイルを出し8の字を組んでビレイループのカラビナにセットする


ザイルをヒラノさんに渡す


行くよ…しょうがないじゃん


そして冷たいゴルジュを左岸に向かって泳ぎ出した

左岸のヘツリを終え右岸に向かってジャンプするボジションに着く


なんとかなる水量だ



ここを突破すれば夢が叶う


憧れの上ノ黒ビンガや立石奇岩を見ることができるんだ




恐くて見ないようにしていた右岸下流が少し気になった


この人にとっての上ノ廊下もそうだったんだろ



なんだか急に自分のやってる事が怖くなってきた

なんかさっきから身体の震えが止まらないんだ


歯もカチカチ音をたててるし


あーあ

冷たい沢水のせいなんかじゃないよな、これ



一気に下流に泳いでヒラノさんの元へ戻った




AHOAHO「ヒュッテに戻って報告しに行く、今日なら回収出来るから急ぐよ!」




それから3時間くらいかかったのかな


苦労して遡行してきた流れをザイルを出して泳ぎ、ザックピストンをしながらヘロヘロになって奥黒部ヒュッテに到着した


ヒュッテのジイちゃんに状況を説明し急いで室堂の山岳警備隊へ電話してもらう


僕が電話を変わり場所や遭難者の方の状態を説明した

天気の様子やヘリが近づける場所なのかと色々と質問に応えた




そしてしばらくしてヒュッテの窓からヘリが現場に向かって飛んでいくのを確認した



小屋のジイちゃんは僕達にこう言ってくれた

「あんた達がいなかったら本当に大変な事になってたよよく戻って来てくれた本当に」

ジイちゃんは差入れでビールを何本もくれた




これは僕が1番大好きなビール スーパードライ

本当はこのキレのある炭酸でグビグビと喉越しを楽しみたいところ

でも

赤くなっちゃった目を誰にも見られたく無いから、少しづつ飲むことにした…



c0325822_09142796.jpg




[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-14 07:33 | 登山 | Comments(19)