AHOAHOFLYMAN

0341091.exblog.jp
ブログトップ

タグ:登山 ( 8 ) タグの人気記事


2016年 08月 09日

2017 黒部上ノ廊下準備


今年こそ完全遡行を目指します

お盆休みに有給くっつけて最高なタイミングで
入渓予定です

今年のテーマは「明るい黒部を取り戻す」

去年の事故以来どうも僕たちの間で暗い雰囲気に
包まれてしまっていた上ノ廊下

しかしやっぱり黒部は最高に
楽しい場所であって、特別な場所であることをもう
一度取り戻したいと思っています。

もちろんそれ以上に怪我なくちゃんと元気に
帰ってくることが前提です。

このお盆は天候も水量もおそらくバッチリです。

では楽しんで参りたいと思いまーす!


c0325822_20285607.jpg


[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2016-08-09 20:09 | 冒険 | Comments(2)
2015年 08月 27日

北アルプスとFLYFISHING

8/23(日)から8/25(火)山旅とFLYFISHINGをしに北アルプスの黒部源流域に向かった


8/23(日)
朝7:00頃テン泊装備でダラダラと折立を出発

c0325822_14593276.jpg

2時間半程で太郎平に到着

まずはマムート生、基本です

その後2時間程薬師沢方面へ下り薬師沢小屋に
到着。

マメゾウさんの春スキーのブログで見たぐしゃぐしゃに壊れた橋はちゃんと修理されていた

c0325822_15002612.jpg


モルツの500を一本開けて小屋番とカミローの情報交換してからちょこっと釣りへ…


c0325822_15073597.jpg

登山道をB沢方面に下りしばらくすると
山ガールレーダーが反応


あら、よく見るとやまとさんだ。

高天原方面に遊びに行っていた帰りとの事

『今年は全然魚いないよー』という
衝撃情報を入手…

B沢まで下る気力が無くなり河原が開けた所で
適当に釣り開始

情報通り全く釣れない…

c0325822_15122709.jpg

まあここに来てフライラインを伸ばせるだけで
充分満足なので良い

河原で昼寝してこの日は終了


8/24(月)
この日は薬師沢小屋から黒部源流を詰めて
三俣までの予定

時間があれば黒部五郎まで行こうと考えて
出発


c0325822_15181381.jpg

久々の赤木沢出合い
かわいい山ガールのいたパーティが赤木沢へ
入って行った。

やはりパーティに女子がいると気分も上がる
だろう。

次のカミローは女子も!

といってもまわりの女子は山には一切興味なし

みんなKポップ大好きな一般的なOLちゃん

やはりヒラノさんとのヒゲボーズコンビでの
リベンジになる事だろう…

c0325822_15191844.jpg

五郎沢出合いまで2時間

久々にここまで来た

ここから少し生体調査を開始

c0325822_15164390.jpg

c0325822_15165929.jpg

かわいいイワナ君たちとしばし対話する

小屋周辺とは打って変わり沢山いる

1時間程調査して終了

c0325822_15174379.jpg

後ろを振り返ると名前のわからないピーク
黒部五郎から赤木岳方面にあるピークのはずだが名前がわからない…

c0325822_12230123.jpg


c0325822_13050681.jpg

もう少しで登山道へつく


c0325822_12244917.jpg

登山道に出たのが昼の1時頃

時間はたっぷりあるので黒部五郎のテン場
まで行く事に。

c0325822_12261094.jpg

三俣着、天気がよけりゃ鷲羽、水晶に遊びに
いきたいが生憎の曇りなのでまた次回にでも

c0325822_12474938.jpg

黒部五郎のテン場到着
大学生のワンゲルのパーティが楽しそうに
談笑している。

若いっていいなぁ…

8/25(火)
テン場から黒部五郎のカールコースを経て
赤木岳、北ノ俣、太郎平、折立へ下山

c0325822_12512808.jpg
イワイワな五郎のピーク


c0325822_12523917.jpg
曇りの予報だが稜線はクッキリ




c0325822_12533654.jpg
槍方面も



c0325822_12541218.jpg
笠は先月、乗鞍は4月にバックカントリーで
登った。



c0325822_12553614.jpg
赤木岳までの稜線ルート、天気は回復



c0325822_12563271.jpg
赤牛、水晶、ワリモ、鷲羽
手前は雲の平。
来年の春スキーはここからドロップしよう。


c0325822_12581119.jpg
北ノ俣ピークからの薬師
ここから天気が微妙に…




後はダラダラ歩きと折立へついたのが14時頃。


特に計画性の無い山と釣りの旅だったが
充実して楽しかった。


次はシルバーウィークの上ノ廊下遡行リベンジ

今度こそは絶対上ノ黒ビンガを見たい…





[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-27 11:52 | 登山 | Comments(16)
2015年 08月 10日

マンボーヤマメ

c0325822_00085780.jpg

今週末は変なヤマメが釣れた

まあこれも個性ということにして
優しくリリース。。。


さて火曜から黒4から折立までの沢登り、
上ノ廊下を遡行する。

3年越しの夢でもある場所だけに
入念に道具をチョイスし今パッキングを
終えたところ。

食料16食、着替え、ファイントラックの沢ウェア一式、酒、ハーケン5枚、ロカハンマー、
8ミリ30mザイル、その他登攀具、焚火・炊事道具、酒類、一応釣り道具も…

行動パターンは8/11初日に扇沢から入りヒュッテで計画書提出。口元のゴルジュ突破で廊下沢手前でビバークが理想。
しかし行動時間は夕方にまで及ぶので
焚火とかの楽しみは初日は無しになりそう。

口元のゴルジュはしばらく雨も降って無く水量も少ないはずなので以前の様にに左岸のヘツリオンリーで突破出来ると予想。。。


2日に廊下沢〜上ノ黒ビンガ〜立山奇岩でビバーク。奇岩でビバークできないくらい
時間が押したら立石近辺の右岸でビバーク
適地を探す。

3日目に立山奇岩から薬師沢小屋を経て折立。
もし天気がよけりゃ赤木沢で遊んで薬師峠の
テン場でもう一泊のつもり。

とにかく台風14号の影響も見つつ安全第一で
行って参ります。

完全遡行が目的では無く無事に生きて帰る事
が目標。

判断を誤れば即遭難。

期待と緊張感を持って行って参ります。。。



[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-10 00:08 | 釣り | Comments(2)
2015年 07月 26日

沢登り1泊2日の大冒険

素晴らしい天気の週末


c0325822_23284926.jpg

今週は沢登りへ出かけました



c0325822_23292242.jpg

パートナーは平野さん

私と同じく登れて滑れて釣る男を目指す
同志です



c0325822_23300048.jpg

水量はやや多いが問題はない



c0325822_23303927.jpg

小滝が続く前半戦
1度泳ぎで流され溺れかけたが平野さんに
キャッチしてもらった。

そのあと空荷でザイルで確保してもらって
なんとか突破

沢山川の水を飲んでしまった…



c0325822_23311453.jpg

気分が落ちてはいけないので
楽しい事もしないと…



c0325822_23314928.jpg

まだまだ先は長いです

このあと滝の連続でさがんのルンゼを登り
凄い高度感の場所をトラバース。

懸垂を想定していたが最後はギリギリ降りれた

まあ懸垂ならより安全

ここで1.5時間費やした…




c0325822_23321609.jpg

ヘツリは空荷で…



c0325822_23324451.jpg

天気も水量も安全、昨年大変悲惨な事故が
起きた場所だけにその辺りは入念に…




c0325822_23332377.jpg

登れる釣り人登場
登りはショボいが釣りはそこそこ仕事します



c0325822_23340495.jpg

幕営ポイント


c0325822_23343924.jpg

今回は2匹だけいただく事に。
塩での味付けはイワナへの冒とくなので
今回はプレーンで…

というのはウソでただ塩を忘れただけ。



c0325822_23350862.jpg


2日目の昼にゴール到着

風が気持ち良い



c0325822_23371208.jpg

行動時間 31時間

行動距離 25キロ

標高差 1123m

今週もお疲れちゃんでした。

[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-07-26 23:28 | 登山 | Comments(4)
2015年 07月 12日

笠ヶ岳 夏山始め

素晴らしい天気に恵まれた週末

天気にふられ続けたがようやく3度目の正直
で笠へ挑戦した


c0325822_19550014.jpg

ザックの中でひときわ重量感を感じる装備は
12本爪のクランポンではなく4合瓶ごと
持っていった日本酒であった。

ナルゲンに移し替えて行けば良いのだが瓶という雰囲気を楽しみたかったので…



c0325822_20124733.jpg

しかし長い登りだ…




c0325822_20012239.jpg

杓子平から見た笠の残雪状況。
雪渓は日中はグズグズなのでアイゼン無しで
登った。


c0325822_20133697.jpg



c0325822_20030931.jpg

抜戸岳から見た笠までの稜線ルート

地味に長く急登で体力はだいぶ消耗していたので結構バテバテ


c0325822_20151076.jpg

c0325822_20154106.jpg

テン場横には雪の冷蔵庫
効率よく酒類を最適な温度にすることが
出来る。


c0325822_20171852.jpg

夕方の槍、穂高方面


c0325822_20180232.jpg

笠山頂から御来光

素晴らしい


c0325822_20185564.jpg

帰りはクリヤ谷ルートへ


c0325822_20211745.jpg

自分のクライミングの目標にしている錫杖岳
ここに行けるよう秋は岩練あるのみです




それにしても行きも帰りも中々ハードな
山行でした。


健脚向きなルートでしょうかね。


カミロー完全遡行前にもう一回くらいは
何処かの山に行きたい


梅雨明け宣言は今週末くらいでしょうか


[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-07-12 19:50 | 登山 | Comments(2)
2014年 08月 04日

只々フライフィッシングが上手くなりたい




人よりも大きな魚を釣りたい、人よりもたくさんの魚を釣りたい


まだまだ人間としてもフライフィッシャーとしても未熟な

僕は表にはあまり出さないがこんな事を考えている




中途半端な経験値が新たな可能性という物の邪魔をしている事を

今シーズンの僕は良く理解していると思う




正直最近はたいして魚を釣っていない



だけど今まで漠然としていた考えを一から整理する事で

成長痛を感じるような週末を過ごす事に満足をしている



当分魚など釣れなくても良い


いつかフライフィッシングの真理を見れる日が来る事を信じ

今は可能性に勇気を出してチャレンジしたい





c0325822_22010732.jpg



霊峰 白山の頂上でこの山に水源をもち

僕らがリスペクトすべき川の流れの事を考える




残り2か月、あと1mmでもいいから成長したいんだ










[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2014-08-04 22:15 | 登山 | Comments(7)
2014年 01月 30日

JETBOIL



僕は忙しい


自分の要領の悪さと処理速度の遅さを表現するには

『忙しい』という言葉は適切ではないかもしれないが・・・




というのはさておき確かに時間は大切だ

それは仕事だけではなく、釣りや、登山の時でも・・・



c0325822_00123044.jpg




せめてお湯を沸かす時間くらいは短縮しないと








[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2014-01-30 00:21 | 道具 | Comments(4)
2014年 01月 08日

家に帰ると・・・







新年早々、殺人的スケジュールをこなし家に帰宅







すると宅急便が届いておりました・・・






おぉ!!!





c0325822_22385758.jpg





シェラフカバーです。。。




次の山シーズンまでに買おうと思っていたのですが


先日、初釣にご一緒して頂いたやまとさんが、使ってないのがあるのであげる


との事でずうずうしく頂いてしまいました





このやまとさんという方がまた面白い方で



長期に亘って世界中を旅したり、夏は奥黒部に佇む


山小屋で働いたりと何とも羨ましいライフスタイルをおくられてる


冒険心に満ち溢れた方です

http://www1.odn.ne.jp/yamakei/index.html




山とかフライフィッシングとかをしている人はホント面白い人達が多い気がする




そして 『あぁ・・・よかった俺ってまだまだ普通なんじゃん』なんて


ほっとする時なんかもあったりして。。。








そんな事を考えていると思い出すのは夏の沢の音が響く山小屋・・・




c0325822_22402572.jpg







テラスの丸太椅子に腰かけ沢水でキンキンに冷えたビールを飲んでいるだけで



幸せになれる場所


目の前には黒部川源流


イワナ達があくびをしているかのように見える昼下がり







あぁ・・・あと6か月もすればまたここでビールが飲める




それまでは釣りでもしようか・・・


[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2014-01-08 23:26 | たわごと | Comments(4)