AHOAHOFLYMAN

0341091.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

秋色のヤマたん

c0325822_21125702.jpg

c0325822_21133132.jpg

c0325822_21141860.jpg

c0325822_21152648.jpg

c0325822_21165552.jpg

c0325822_21173333.jpg

c0325822_21180964.jpg

先週土曜の午前中、一瞬荒食いモードに入った

午後は雨の影響による濁りで釣りは終了

ヤマたん達はだいぶ秋色になってきている



今年ももう1ヶ月で釣りも終わり

何時もなら淋しくなる所なのだが

これからクライミングとスキーのシーズンが

訪れると思うと楽しみでしょうがない。



土曜のイブニングは会長の刺し網、投網に
よる鮎獲り遊びに…


夜は会長宅で鮎パーリー


c0325822_21321347.jpg


最高にうまい鮎を頂いた。



翌日の日曜は大増水で釣りにならず。


最後に心臓がひっくり返るような釣りがしたい


あと1ヶ月、ちょっと真剣に釣りをしよう。








[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-31 21:12 | フライフィッシング
2015年 08月 27日

ありがとうコーニー

1本目

c0325822_23214528.jpg

c0325822_23223268.jpg

2本目

c0325822_23235853.jpg

c0325822_23243181.jpg

c0325822_23250630.jpg

ダブル尺ヤマたん。



Thanks Goni


[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-27 23:15 | フライフィッシング
2015年 08月 27日

北アルプスとFLYFISHING

8/23(日)から8/25(火)山旅とFLYFISHINGをしに北アルプスの黒部源流域に向かった


8/23(日)
朝7:00頃テン泊装備でダラダラと折立を出発

c0325822_14593276.jpg

2時間半程で太郎平に到着

まずはマムート生、基本です

その後2時間程薬師沢方面へ下り薬師沢小屋に
到着。

マメゾウさんの春スキーのブログで見たぐしゃぐしゃに壊れた橋はちゃんと修理されていた

c0325822_15002612.jpg


モルツの500を一本開けて小屋番とカミローの情報交換してからちょこっと釣りへ…


c0325822_15073597.jpg

登山道をB沢方面に下りしばらくすると
山ガールレーダーが反応


あら、よく見るとやまとさんだ。

高天原方面に遊びに行っていた帰りとの事

『今年は全然魚いないよー』という
衝撃情報を入手…

B沢まで下る気力が無くなり河原が開けた所で
適当に釣り開始

情報通り全く釣れない…

c0325822_15122709.jpg

まあここに来てフライラインを伸ばせるだけで
充分満足なので良い

河原で昼寝してこの日は終了


8/24(月)
この日は薬師沢小屋から黒部源流を詰めて
三俣までの予定

時間があれば黒部五郎まで行こうと考えて
出発


c0325822_15181381.jpg

久々の赤木沢出合い
かわいい山ガールのいたパーティが赤木沢へ
入って行った。

やはりパーティに女子がいると気分も上がる
だろう。

次のカミローは女子も!

といってもまわりの女子は山には一切興味なし

みんなKポップ大好きな一般的なOLちゃん

やはりヒラノさんとのヒゲボーズコンビでの
リベンジになる事だろう…

c0325822_15191844.jpg

五郎沢出合いまで2時間

久々にここまで来た

ここから少し生体調査を開始

c0325822_15164390.jpg

c0325822_15165929.jpg

かわいいイワナ君たちとしばし対話する

小屋周辺とは打って変わり沢山いる

1時間程調査して終了

c0325822_15174379.jpg

後ろを振り返ると名前のわからないピーク
黒部五郎から赤木岳方面にあるピークのはずだが名前がわからない…

c0325822_12230123.jpg


c0325822_13050681.jpg

もう少しで登山道へつく


c0325822_12244917.jpg

登山道に出たのが昼の1時頃

時間はたっぷりあるので黒部五郎のテン場
まで行く事に。

c0325822_12261094.jpg

三俣着、天気がよけりゃ鷲羽、水晶に遊びに
いきたいが生憎の曇りなのでまた次回にでも

c0325822_12474938.jpg

黒部五郎のテン場到着
大学生のワンゲルのパーティが楽しそうに
談笑している。

若いっていいなぁ…

8/25(火)
テン場から黒部五郎のカールコースを経て
赤木岳、北ノ俣、太郎平、折立へ下山

c0325822_12512808.jpg
イワイワな五郎のピーク


c0325822_12523917.jpg
曇りの予報だが稜線はクッキリ




c0325822_12533654.jpg
槍方面も



c0325822_12541218.jpg
笠は先月、乗鞍は4月にバックカントリーで
登った。



c0325822_12553614.jpg
赤木岳までの稜線ルート、天気は回復



c0325822_12563271.jpg
赤牛、水晶、ワリモ、鷲羽
手前は雲の平。
来年の春スキーはここからドロップしよう。


c0325822_12581119.jpg
北ノ俣ピークからの薬師
ここから天気が微妙に…




後はダラダラ歩きと折立へついたのが14時頃。


特に計画性の無い山と釣りの旅だったが
充実して楽しかった。


次はシルバーウィークの上ノ廊下遡行リベンジ

今度こそは絶対上ノ黒ビンガを見たい…





[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-27 11:52 | 登山
2015年 08月 17日

楽しいイワナつりに

お盆の最終日

テレマークの師匠、taroflyfisher先生に
桃源郷に連れて行って頂きました。

お盆の前半に事件が起きて気分はブルーな
連休でしたが最終日は無拓なイワナ達に
元気をもらいました。。。


c0325822_23071098.jpg

taro先生が掛けたのは空中のトンボにライズしていた巨大イワナ。
見事掛けましたがこのあとフックオフ


c0325822_23082583.jpg

taro先生とダブル尺のシーンもあったり…

c0325822_23094038.jpg

楽しい釣りになりました。。


[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-17 22:56 | フライフィッシング
2015年 08月 14日

2015 黒部上ノ廊下 その先にある死


黒部源流 上ノ廊下


沢登りをする者にとってここは憧れの場所ではなかろうか

そして僕らにとっては3年越しの夢の場所…



完全遡行を目指し上ノ廊下から薬師沢小屋への沢旅を
2015 8/11から開始した

今回のパートナーのヒラノさんとは何度も綿密に打ち合わせをしこの日を迎えたのは言うまでもない

お互いガイドビデオを繰り返し見てルートの注意点、攻略方、エスケープルートを
頭に叩き込んだ。


広河原手前までは2人で過去に遡行したことがあるんだ


あの時はタル沢のゴルジュも容易に突破出来る水量だった


今回の為に装備類も必要な物を揃えた


また、岩井谷等の簡単な沢で練習したり、昨年の秋頃からクライミングの講習会に何度も参加しロープワーク、マルチピッチのシステム、支点の構築方、懸垂下降の特訓に明け暮れ自信をつけていった


ここまで万全な準備をしても、我々サラリーマンは限られた休みの中でプランを組み立てなければいけない


天気次第で全ての計画が白紙になる


容易く有給を取れる優良企業に勤めていれば話は別だが、生憎スーパーが付く名古屋のブラック商社マンのため簡単ではない…


だが幸い予定していた日程の前半2日は晴天予報のようだ

2日あれば最悪でも登山道にエスケープ出来るエリアまで遡行出来る

日頃の行いがよいのだろう

条件は完璧に整った


僕らは別々に2台の車でまず立山アルペン村に集合する

その後、1台の車を亀谷のゲートにデポし残りの1台で意気揚々と扇沢へと向かった



まさかあんなことが起こるとは思いもせず…




c0325822_07480806.jpg
朝の扇沢

さすがお盆だけあって始発のトロリーバスは40分前でもこの行列だ

珍しく殆ど観光客のようだ

ツアーか何かの人達だと思う




c0325822_07553186.jpg

ダムへ到着



c0325822_07564504.jpg

装備が重く堰堤歩きが結構キツイ


しかしこれからもっと大変な遡行が待っている





c0325822_07580333.jpg

皆はこれを見に来る為にここへ来るので一応写真を撮った

正直僕らはあまりにもこのエリアに訪れすぎていて全くと言っていいほど
興味のない光景になりつつある




c0325822_08064684.jpg

エッチラホッチラ


軽快軽快




c0325822_08000679.jpg


しばらくして平の小屋へ到着

船長の佐伯さんは不意の転落で大怪我をされて療養中との事かなり痛々しい感じだったが元気にされておられ安心した


でも持っていたあのコップの中身はおそらく酒であったと思う



c0325822_08030692.jpg

ピンチバッターの小型船での渡しはスピーディでありがたい。

佐伯船長の船だとトローリング釣りしながらなのでノロノロだが今回はあっという間に対岸に到着した





c0325822_08052413.jpg

ヒーコラヒーコラ…ハシゴがキツイ




c0325822_08080452.jpg

奥黒部ヒュッテまでの時間短縮の為、途中でBWに降りて川沿いに遡行する



毎度このパターンで時間短縮していたが…

今回はとても遡行出来る流れではなくいきなりザイル渡渉を強いられ大幅に時間を食うことに(涙)

急がば回れとはこの事か…







c0325822_08113505.jpg

それでもあっけなく奥黒部ヒュッテに到着し早々に沢装備を準備する。

登山計画書を提出し大好きな小屋番のジイちゃんに今から上ノ廊下に
行くことを告げ出発


ジイちゃん「無理そうならすぐ引き返されよ」


このジイちゃんは本当に雰囲気があって大好きだ





c0325822_08140430.jpg

さあ行くぞー!


まず東谷から本流へ降りる





c0325822_08144342.jpg

すぐに東沢出合いに降り立つ
今日はどこまで行けるかな、出来れば口元のゴルジュを突破したいと
思っていたのだが…



c0325822_08162055.jpg

c0325822_08170033.jpg

c0325822_08175692.jpg

単独で渡渉出来る所はあまりないな、水量はそう多くはないと思っていたが…

多くの渡渉をスクラムで突破した


安全第一






c0325822_08200141.jpg

c0325822_08204850.jpg

c0325822_08212156.jpg

c0325822_08220432.jpg

c0325822_08223524.jpg

スクラムでも渡渉出来ない流れはザイルを出し泳ぎやザックピストンなどで突破した。

しかし以前口元のゴルジュを越え廊下沢出合いあたりまで行った時とはまるで水量が違うんだよなー


どうなる今回の上ノ廊下

結局ザイルを出したりしまったりで予想以上に時間を食ってしまった、トホホ…



c0325822_08252580.jpg

c0325822_08292038.jpg

そしてしばらくして下ノ黒ビンガが現れた

ビンガとは切り立った岩壁の意味で昔の富山の人が使っていた言葉らしい


しかし僕が一番見たいのは上ノ黒ビンガなんだよな

あの凄まく切り立った幾何学模様の岩壁を撮影する為に今回防水のコンデジを購入した


明日になればその夢が叶う

楽しみでしょうがないよ、あーホント

この日は天候も安定してるので下ノ黒ビンガの少し上あたりでビバークする事に



c0325822_08303966.jpg

c0325822_08310662.jpg

今回は酒類には妥協無し!

飲みたい物、食べたい物を持ってきて黒部の清流の横で2人で小宴会



至福のとき


c0325822_08323617.jpg

キャンドル制作が趣味な友人の嫁さんから頂いたキャンドルを今回持ってきた

中々雰囲気があって良いじゃない

しかしヒゲヅラで坊主頭の我々に花柄のキャンドルというのは面白い絵だ(笑)



c0325822_08354859.jpg

4時に起床し6時頃出発

この日は最初から難関が待ちわびている

そう口元ノタル沢出合い上のゴルジュだ

少し顔が緊張している



c0325822_08375166.jpg

このカーブを曲がればタル沢出合い、緊張



c0325822_08394216.jpg

c0325822_08402060.jpg

空気が冷たい、と思ったら左岸に大きな雪渓が残っていた


上ノ廊下は時折厳しい表情を僕らに見せる




c0325822_08421279.jpg

c0325822_08390417.jpg

タル沢出合いに着いた

そしてこの上に核心のゴルジュがある


ここは泳ぎで突破する




核心部は緊張するなー


c0325822_08431265.jpg


まず右岸の岸に取り付き荷物をいったん置く

その後ザイルとライフジャケットをセットし左岸に向かって泳ぎヘツリながら

このゴルジュを突破する作戦だ




まず僕が右岸の岸に取り付こうとした時だった


事件が起きたのは…







あれ

なんで?


ハーネス

カラビナ

渓流シューズ?

なんでここに装備が落ちてるんだろう?



あっザックもある


えっ人がいるの?



渡船で渡ったパーティは僕らよりも後ろにいるはずだが


あれ…

あっ…

おかしな角度で曲がった足だなんだ…コレ…








クッソなんでだ!!


なんでなんだよぉ!畜生!



うしろを振り向きヒラノさんを見る


まだこの取り付きで何が起きているか気づいていなくキョトンと僕を見つめる



この横たわった人はどう考えても見たところ絶命されている



僕はこれ以上顔を見れない


ヒラノさんに状況を説明し確認してもらうことに


ヒラノさんは声をかけるがなんの応答もない


これはお互いもう正気の沙汰じゃないよな



さあどうしよう


ヒラノさんは僕達はまた来れるよ、残念だけどヒュッテに戻り連絡しようと言う


僕はダダをこねる子供のようにこのまま進むという


残念だけどここまで進んできた以上引き返すことは考えたくない
明後日に上ノ廊下を突破し薬師沢小屋で赤塚さんに報告すればいいと説得する


ヒラノさんは増水して流されたら遺体の回収が困難になる、それじゃ家族が悲しむ!
ヒュッテに戻って報告すべきだと言う


僕は話を聞かずザイルを出し8の字を組んでビレイループのカラビナにセットする


ザイルをヒラノさんに渡す


行くよ…しょうがないじゃん


そして冷たいゴルジュを左岸に向かって泳ぎ出した

左岸のヘツリを終え右岸に向かってジャンプするボジションに着く


なんとかなる水量だ



ここを突破すれば夢が叶う


憧れの上ノ黒ビンガや立石奇岩を見ることができるんだ




恐くて見ないようにしていた右岸下流が少し気になった


この人にとっての上ノ廊下もそうだったんだろ



なんだか急に自分のやってる事が怖くなってきた

なんかさっきから身体の震えが止まらないんだ


歯もカチカチ音をたててるし


あーあ

冷たい沢水のせいなんかじゃないよな、これ



一気に下流に泳いでヒラノさんの元へ戻った




AHOAHO「ヒュッテに戻って報告しに行く、今日なら回収出来るから急ぐよ!」




それから3時間くらいかかったのかな


苦労して遡行してきた流れをザイルを出して泳ぎ、ザックピストンをしながらヘロヘロになって奥黒部ヒュッテに到着した


ヒュッテのジイちゃんに状況を説明し急いで室堂の山岳警備隊へ電話してもらう


僕が電話を変わり場所や遭難者の方の状態を説明した

天気の様子やヘリが近づける場所なのかと色々と質問に応えた




そしてしばらくしてヒュッテの窓からヘリが現場に向かって飛んでいくのを確認した



小屋のジイちゃんは僕達にこう言ってくれた

「あんた達がいなかったら本当に大変な事になってたよよく戻って来てくれた本当に」

ジイちゃんは差入れでビールを何本もくれた




これは僕が1番大好きなビール スーパードライ

本当はこのキレのある炭酸でグビグビと喉越しを楽しみたいところ

でも

赤くなっちゃった目を誰にも見られたく無いから、少しづつ飲むことにした…



c0325822_09142796.jpg




[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-14 07:33 | 登山
2015年 08月 10日

マンボーヤマメ

c0325822_00085780.jpg

今週末は変なヤマメが釣れた

まあこれも個性ということにして
優しくリリース。。。


さて火曜から黒4から折立までの沢登り、
上ノ廊下を遡行する。

3年越しの夢でもある場所だけに
入念に道具をチョイスし今パッキングを
終えたところ。

食料16食、着替え、ファイントラックの沢ウェア一式、酒、ハーケン5枚、ロカハンマー、
8ミリ30mザイル、その他登攀具、焚火・炊事道具、酒類、一応釣り道具も…

行動パターンは8/11初日に扇沢から入りヒュッテで計画書提出。口元のゴルジュ突破で廊下沢手前でビバークが理想。
しかし行動時間は夕方にまで及ぶので
焚火とかの楽しみは初日は無しになりそう。

口元のゴルジュはしばらく雨も降って無く水量も少ないはずなので以前の様にに左岸のヘツリオンリーで突破出来ると予想。。。


2日に廊下沢〜上ノ黒ビンガ〜立山奇岩でビバーク。奇岩でビバークできないくらい
時間が押したら立石近辺の右岸でビバーク
適地を探す。

3日目に立山奇岩から薬師沢小屋を経て折立。
もし天気がよけりゃ赤木沢で遊んで薬師峠の
テン場でもう一泊のつもり。

とにかく台風14号の影響も見つつ安全第一で
行って参ります。

完全遡行が目的では無く無事に生きて帰る事
が目標。

判断を誤れば即遭難。

期待と緊張感を持って行って参ります。。。



[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-10 00:08 | フライフィッシング
2015年 08月 03日

悔いなき選択


何かを変える事が出来る者は
大事な何かを捨てる事が出来る者


アルミンアルレルトの名言の通り
今月末、僕は大事ものを捨てる


正しい選択かどうかは実際にやって
見なければ解らない



犠牲にするものがあったとしても
自分の人生をより豊かなものにしたい

他人の人生を生きてる訳ではない

自分の人生、そしてその残りの短い人生
(約50年)をどう過ごすか

散々考えた結果である



今の会社には約10年お世話になった

今までいったいいくつの架空の通夜、
葬式と結婚式ががおこなわれただろうか…

台風などで山から降りれなくなり
出社出来なかったことも何度かあった。

結局最後まで自分のやりたいようにやって
しまった。


キチッと締めて別れよう







c0325822_23213238.jpg



来年の桜が咲く頃
縁があって大好きな川と大好きな北アルプス
が目の前にある場所へ移り住む


悔いなき選択

[PR]

by AHOAHOFLYMAN | 2015-08-03 22:19 | たわごと